人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶

人工的に流産させる事を人工妊娠中絶と言います。 「母体保護法」という法律が日本にあり、中絶の条件が決められています。 母体に何かしらの理由がある・経済的に育てていけない・レイプや自分が望まない性行為で妊娠してしまった場合等。 妊娠22週になると、お腹の赤ちゃんは外で生きる力が付いてくるので、人工妊娠中絶をする事はできません。

最近は、自分だけの都合で何も計画せずに性行為をする人が増えてます。 避妊しない・誰とでもセックスをする・中学生の妊娠等、妊娠してから育てられないと言って簡単に中絶する事はよくありません。 お腹の中の新しい命を中絶によって断つという事は、人殺しと同じ事です。 妊娠して困るのであれば、男性にも協力してもらって、きちんと避妊して妊娠しないようにする事が肝心です。

人工妊娠中絶を行う統計として、10代が約4万件・20代が約14万件・30代が約11万件と出ています。 例え人工妊娠中絶を軽々しく行っても、中絶後の女性は必ず自己嫌悪や罪悪感に陥りやすくなります。 女性にとって中絶をするという事が、どれだけ身体的・精神的に辛い事なのかを男性も理解し、心のケアをしてあげる事が大切です。

人工妊娠中絶後、必ず水子供養をしてあげてください。 流産・死産・中絶等で産まれる事の出来なかった赤ちゃんの事を水子と言います。 水子供養をしているお寺で供養してあげたり、自宅に仏壇を作ってお菓子をお供えしてあげるのも良いでしょう。

色々な望まない妊娠の原因がありますが、相手ときちんと話し合い避妊を心掛けるようにしてください。


人工妊娠中絶の方法

一概に人工妊娠中絶と言っても、どのような方法で中絶を行うのか、どのようなリスクを生じるかを覚えていた方がいいでしょう。

最近は、薬を使って簡単に中絶できるようになりましたが、その中絶の薬を使う事によって、母体に後遺症が残る可能性もあるのです。 一般的に人工妊娠中絶にかかる費用は、10万円程になります。 「中絶する費用が無い・誰にも相談できない」等の理由で薬を使用する事は、自分の体に後遺症を残し、傷付けることになるので、中絶は必ず病院で行ってください。


妊娠初期と妊娠中期で中絶の方法が変わってきます。

《妊娠初期》
手術をしやすいように、子宮口を広げる為の器具を使用します。それによって痛みを伴う人もいます。 子宮口が開いたら、麻酔をして中絶手術を行いますが、麻酔が効いてる間は痛みを感じずに気付いたら終わっている事が大半です。 産院によっては麻酔をしない所もあります。

《妊娠中期》
赤ちゃんが大分成長しているので、陣痛を人工的に起こして出産という形で処理します。 産声をあげる赤ちゃんも中にはいますが、外で生き抜く力が無い為にすぐに死んでしまいます。

中絶後、生理のような出血が1週間程続き、生理痛のような痛みが出てきます。子宮が収縮する為の痛みで、この痛みがないと出血も止まりません。


妊娠初期の中絶は、手術した当日に帰宅出来ますが、妊娠中期の場合は2〜3日入院します。

人工妊娠中絶による後遺症と危険性があるのを知っておくべきです。 中絶をする事により、不妊症・次の妊娠での子宮外妊娠・流産等、これから先妊娠できない体になる可能性もある事を良く覚えておくべきです。 きちんと避妊をしてセックスをしてください。
posted by ひろ at 14:04 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像妊娠について

想像妊娠

女性が妊娠を強く望んだり、生理が遅れて深く不安になった時に、想像妊娠をする事があります。 不思議な事に想像妊娠すると、妊娠した時の症状が出てきます。

まず、生理が止まり、悪阻が始まり、お腹も大きくなってきます。 また、胎動を感じたり母乳が出る人もいます。 もちろん想像なので、お腹の中に赤ちゃんはいませんが、このように自分の思い込みにより妊娠の症状が出てくる事を「想像妊娠」と言います。

子宮の大きさは妊娠してない状態と変わらないので、妊娠検査薬を使用したり病院で検査をすれば、妊娠してない事がすぐに分かります。 妊娠していない事を自覚すれば、生理が始まり想像妊娠の症状も消えます。 妊娠に対して女性はとても敏感なので、このような症状が起こるのです。 いくら、外で出す・中出ししないとしても、妊娠する可能性があります。 今、妊娠しても困る・育てられないという思いがあるのなら、必ず避妊をしてください。

妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から検査可能なので、少しでも不安があれば使用し、たとえ反応が出なくても産婦人科で診察を受ければ、はっきりする事です。 想像妊娠であれば、妊娠してない事が分かれば生理も再開し、妊娠2〜3ヵ月から始まる悪阻も治まります。 妊娠の症状が出る前に、診察する事が一番大切です。

生理予定日から1週間過ぎて、すぐに悪阻が始まる事はないので、もし「妊娠したかも」と不安になってすぐに悪阻が始まった場合、それは「想像妊娠」の可能性が大きいです。
posted by ひろ at 13:50 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性感染症について

性感染症

妊娠している人が性感染症に感染している場合、赤ちゃんにも影響が出ることが殆どです。
そして、たとえ性感染症にかかっていなくても予防することが大切です。

最近、性感染症にかかる人が増えています。 妊娠している人が性感染症に感染している場合、お腹の赤ちゃんにも影響が出てしまうことが殆どです。 どこの産婦人科でも、妊婦検診の時に性感染症の検査を行い、もしその時に性感染症にかかっていれば、治療をするので問題ありません。 そして、性感染症にかかっていなくても、予防が大切です。妊娠中にセックスをするのであれば、コンドームを使用してかからないように心掛けましょう。

しかし、全ての性感染症が問題なわけではないので、性感染症にかかっているのであれば、治療に専念してください。

カンジダ膣炎
カンジダ膣炎は、女性の誰もが持っている菌で、体が弱っている時等に増殖しやすい為に、妊娠中にかかりやすい性感染症です。 お母さんに発症していると、お腹の赤ちゃんにも感染する為、もし出産までに治らなければ帝王切開での出産になる事が殆どです。

クラミジア感染症
今、最も多いとされる性感染症の1つで、自覚症状が殆ど無い為に、感染している事に多くの人が気付いていません。 放っておく事で、不妊・子宮外妊娠の原因にもなります。 妊娠中、クラミジアに感染している場合、出産の時に産道感染し、その結果、赤ちゃんが肺炎・結膜炎にかかってしまいます。

淋病
自覚症状としては、尿道付近や下腹部に痛みがあります。もし、感染しているのなら、完全に完治するまで、薬の投与が必要になります。 赤ちゃんに起こる影響は、結膜炎や失明の可能性が大いにあります。

梅毒
性器に固いしこりができ、全身に発疹が広がり、ほっておくと脳神経に障害をおこす怖い性感染症です。 お腹の赤ちゃんに胎盤を通して感染し、先天性異常・死産の原因になります。

HIV
お母さんが感染していると、かなり高い確率でお腹の赤ちゃんも感染します。 妊娠初期の内にHIV検査を妊婦検診で行うので、早期発見が可能です。
posted by ひろ at 13:45 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。