出産の兆候「おしるし」について

出産の兆候について

出産の兆候として、3つあげられます。

主に、おしるし・陣痛・前期破水の3つですが、これらに関して母親学級等でよく話を聞いておくと良いでしょう。

出産の兆候があって初めて出産入院になるのですから、おしるし・陣痛・前期破水の事をよく理解し、その時になって慌てないようにしましょう。

一般的に、おしるしがあった後、半日から1日くらいで陣痛が始まって破水するという順番ですが、お産にはいつ何があるか分からないのが現状です。 陣痛が始まっていないのに破水する人もいますし、おしるしがきてから陣痛が始まるまでに何日もかかる人もいます。

おしるしは出血の事を言いますが、まれに、おしるしではなく別の出血の場合があるので、出血があった場合、病院に連絡しておいてください。

陣痛は最初、30〜15分おきに下腹部や腰の辺りに痛みがあり、その痛みも30秒程で治まります。 徐々に痛みの間隔が狭くなるので、10分間隔になったら病院に連絡して向かってください。

前期破水とは、子宮口が開き始めた為に羊水が流れてくる事を言い、量は人によって違います。 尿を漏らしたのではないかと思う人もいますが、匂いが生臭いので匂いを嗅いでみれば分かるかと思います。

また、おしるし等の兆候の前に、おしるしがくる兆候があります。

臨月に入ると、おりものの量が増え、お腹も張りやすくなります。 お腹の赤ちゃんも下がってきて骨盤に乗る回数が増え、だんだん骨盤の間に入っていく為に赤ちゃんは身動きし辛くなり、胎動が感じられなくなります。 急に胎動が減れば、赤ちゃんが元気無いのかもと心配してしまうかと思いますが、もっと早い時期に胎動が減る場合は問題ありますが、この場合は心配しなくても大丈夫です。


出産前の「おしるし」について

陣痛が始まる兆候として知られているのが、「おしるし」です。 おしるし→陣痛→前期破水とくれば、もう出産も目前です。

それでは「おしるし」とは一体どういうものなのか、その事について説明を致します。

「おしるし」とは、赤ちゃんを包んでいる卵膜が剥がれる事で起きる現象です。 頚管部というものが子宮の入り口にあり、ここに溜まっている粘液と入り混じって出てくる出血の事です。 粘膜が混じっている為にとても粘り気がありますが、量としては少量です。

つまり、「おしるし」があったという事は、子宮口が開き始め、赤ちゃんも産まれてくる準備が出来たというお知らせという事になります。 おしるしが来た後は、陣痛や破水がいつ起こってもおかしくない状態なので、あまり遠出はせずに、いつでも病院に行けるように準備しておくと良いでしょう。

しかし、陣痛や破水がいつ始まるか分からない状態ですが、すぐという訳ではありません。 人にもよりますが、おしるしが来てから2〜3日後とも言われていますが、数時間から半日後の場合もあり、はっきりとした時間は分かりせん。 場合によっては、1週間たってようやく陣痛がくる場合がありますが、特に問題はありません。

おしるしは、破水とは違うので、すぐに病院に行かなくても感染の危険性は少ないのです。 おしるしがあって陣痛がくる迄に時間がかかっている場合などは、シャワーや入浴をしても問題ありません。

おしるしの量は少量ですが、まれに大量の出血がある人もいます。 もし、出血が何時間も続くのであれば、病院に連絡してください。
posted by ひろ at 16:07 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2人目を出産するときに気をつけること

2人目の妊娠を知った時、嬉しい反面、1人目の時とは違う不安もある事かと思います。
出産が近づいてきて一番悩む事は、やはり入院中に、上の子をどうすれば良いかという事です。


2人目の出産

兄弟の年齢差は、年子や2歳差、10歳差、時には18歳差等、その家庭によって色々ありますが、やっぱり2人目を妊娠、3人目を妊娠する事は、とても幸せな事です。

2人目の妊娠を知った時、嬉しい反面、1人目を妊娠した時とは違う不安も沢山ある事かと思います。

1人目を妊娠した時は、悪阻の頃やお腹が大きくなった頃、疲れたり具合が悪くなれば横になったり座ったりして体を休める事が出来ましたが、上の子がいるとそうも言ってられません。 幼稚園に行っていたりや小学生になっていれば、少しは自分の時間が取れたりするかと思いますが、1歳から3歳の子はママと遊ぶのが好きで、まだまだお母さんを必要としています。

家に閉じこもってる訳にはいかず、抱っこをせがまれたり、大きなお腹の上でぴょんぴょん跳ねたりする事もあります。 また、妊娠中は体の自由はきかないし、情緒不安定になりやすい為にイライラしたりして、怒ってばっかりしていたというお母さんも少なくありません。

ただでさえ妊娠中は無理は禁物とされているのに、お腹が大きくなってさらに動きづらくなった頃、上の子が年子だったとしてもチョロチョロ動くようになり、あちこちに行く我が子を大声で呼ばなければならなくなります。

そして出産が近づいて一番悩む事といえば、入院中、上の子をどうすれば良いかという事です。 近くに親御さん等、預ける所があれば問題ありませんが、全ての人がそうとは限りません。 今は預かり保育や育児サポートも充実しており、個人病院だと上のお子さんも一緒に入院できるところもでてきたので、相談してみるのが良いかと思います。

入院中も出来るだけ旦那さん等に病院に連れて来てもらい、ママや赤ちゃんと沢山触れ合わせてあげてください。

特に小さいお子さんは、産まれたばかりの赤ちゃんを見て少なからず動揺する事が多いので、優しく接してあげることが大切です。
posted by ひろ at 16:03 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難産にならない為に

出産時、難産にならない為に出来る事

太りすぎない事が、一番難産にならない為に必要な事です。 妊娠すると今まで通りに体が動かせなくなるだけではなく、体が栄養をためやすくなる為に、多少太ります。

胎盤・羊水・血液の増加・赤ちゃんの体重を考えると、大体7キロ程になるので、妊娠前の体重から10キロ以上増しは太りすぎといえます。 しかし、例え太ったとしても、妊娠36週前にダイエットしてはいけません。

ダイエットと称して体を動かす事で、お腹が張ったり早産の原因となります。 勿論、食事制限のダイエットは、お母さんだけでなく赤ちゃんに栄養が届き辛くなる為にお薦めしませんが、バランスの良い食事を心掛け、炭水化物・油・塩分の取りすぎに注意し、野菜中心の食事で体重管理をしてください。

出来るだけ長くお腹の中で育てたいですが、妊娠37週を過ぎれば、いつ産まれてもおかしくありません。 出産に備えて、毎日1時間ほど散歩をしたり、マタニティービクス等、お腹の張りに気を付けながらやってみるのも良いでしょう。

また、医師から難産になる可能性があると告げられる事があります。 この場合、出産予定日前に陣痛を誘発する薬を使い、早めの出産を薦める場合があります。

どのような事で難産になる可能性があるのか。 第一に、赤ちゃんがお腹の中で大きく育ちすぎ、お母さんの骨盤に頭が通らなくなる事です。 背が低い・体が細いお母さんの場合、元々骨盤が狭いために起こりやすくなります。 もし、このような事になった場合、母子共に問題が無ければ37週を待って帝王切開での出産となります。

また、赤ちゃんにへその緒が巻き付いてしまった場合、そのままにしておくと、赤ちゃんが窒息してしまう可能性があり、出産時に余計に首などを締め付ける可能性がある為に、帝王切開での出産となります。
posted by ひろ at 15:59 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。