出産後の後陣痛について

後陣痛は、出産後に子宮が元の大きさに戻ろうとし、痛みを感じる事を言います。
痛みに関しては、個人差があり全ての人が痛みを伴うというわけではありません。


出産後の後陣痛

後陣痛と言えば、陣痛と付くくらいなので相当な痛みを伴うと想像がつくかと思いますが、出産後に起こります。

後陣痛とは、出産が終わって子宮の中に赤ちゃんがいなくなると、大きくなった子宮が元の大きさに戻ろうと収縮を規則的に繰り返し、痛みを感じる事を言います。痛みに関しては、全ての人が必ずしも痛みを伴うわけではありません。 痛みを感じる場所は、陣痛と同じく下腹部です。

子宮の回復を促す為に後陣痛は大切な働きを持っています。 痛みがある人の場合、分娩当日と翌日が、特に痛みが強いでしょう。 痛みは徐々に治まってきますが、人によっては出産後4日過ぎても痛みが続く人がいます。

痛みの度合いとして、眠れない程の痛みを伴う人がいる反面、全く痛みを伴わない人もいます。 どのような人が後陣痛の痛みを強く感じるのか。 一般的には経産婦の人に痛みが強いとされています。

また、産後の授乳中に痛みを伴う場合があります。 妊娠中におっぱいマッサージ等をして、お腹が張った経験があるかとおもいます。おっぱいマッサージ等をすると、子宮の収縮を促す効果があり、その為にマッサージや授乳中に痛みを伴うのです。 逆に言えば、赤ちゃんがおっぱいを吸えば吸う程、子宮収縮が活発になる事で、さらに子宮が元の大きさに戻るのが早くなります。

子宮が完全に元の大きさに戻るのも個人差がありますが、1ヵ月検診の際にまだ完全に戻っていない・悪露が終わっていない場合があります。 また、後陣痛が起こる事で悪露の量も増え、ナプキン等をこまめに変える必要があります。

後陣痛の辛さは、本当に個人差があります。 もし後陣痛が相当辛いのであれば、産後のお見舞い等を遠慮する等、無理をしないようにしましょう。
posted by ひろ at 17:01 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産時の呼吸法について

出産時の呼吸法

よくドラマ等の出産シーンで見かけるのが、夫婦や助産師さん達皆で「ヒッヒッフー」とやっている場面です。 一般的に出産時の呼吸法というと、こちらを想像するかと思います。

そもそも、この呼吸法とは何の為にやっている事なのでしょう。

1番大切な理由として、お腹の赤ちゃんに絶えず、沢山の酸素を送る為に行っているのです。 陣痛で苦しくなると、あまりの痛さに叫んだりしてしまいます。 そして、その時に、痛みを耐える為に体をこわらばせてしまいます。

陣痛は長い時間続くので、お母さんが痛くて叫んでいると体力を消耗してしまいます。 また、体をこわらばせる事で、その瞬間息を止めてしまい息んでしまうと、赤ちゃんに酸素が届きません。 赤ちゃんに酸素が届かないと、赤ちゃんの体力も消耗してしまい、出てくるだけの体力が無くなってしまいます。

その他にも呼吸法には、リラックス効果も期待できます。 出産用の深呼吸と考えても良いかもしれません。

いくら自分で本で調べたり友人に聞いたり、母親学級で説明されても、いざその時に出来るのかといえば心配になるかと思います。

呼吸法を覚えたり、陣痛が何分おきにはどのような呼吸法か等一生懸命覚えている、勉強熱心な妊婦さんが沢山います。 しかし、呼吸法がうまく出来ないからといって、出産が出来ないという訳ではないので安心してください。

そして、いざその時になると、頭の中が真っ白になってしまう人も結構います。 ですが、出産の時には看護師さんや助産師さんが傍に居てくれるので、一緒に呼吸法をしてくれます。 ついてくれているスタッフの方達は、出産に何度も立ち合っている方達なので、安心して身を任せて大丈夫です。

医学的に基づいている呼吸法等もありますが、何よりも自分が楽だと思う呼吸法が1番でしょう。


出産に関するテレビ番組について

毎年どこかの局で、妊娠から出産まで、もしくはその後迄のドキュメンタリー番組を放送しています。 芸能人の出産や、大家族の出産、ドキュメンタリー以外でも色々な出産に関する放送があります。 どの番組でも、出産シーンはどれも感動的ですが、出産前の妊婦さんが観ると、あまりに辛そうで痛そうなので、出産が怖くなってしまう場合があるようです。 数ヵ月後には同じように、自分も赤ちゃんを産むんだと実感して、ママになるんだとさらに実感して感慨に耽ることでしょう。 また、出産したお母さんが見れば、私もこうやって産んだんだよなぁと、さらに感動するかと思います。

妊娠中や出産シーンをビデオに撮って貰えるのは、テレビ番組で放送されるにしても、恥ずかしい反面、嬉しい事だと思います。 子供を産む瞬間というのは、子供一人につき一生に一度の事なので、そんな感動の瞬間をカメラにおさえてもらえるのは、本当に羨ましい限りです。 撮影可能なら、自宅用にお父さんにビデオ撮ってもらっても良いかもしれませんね。

視聴者側からすれば、妊娠から出産まで全てを見る事が出来て、生命の誕生を目の当たりにする事で、生命の尊さを再認識する事でしょう。 でも実際は、取材をお願いされて少し恥ずかしいと思ったりするかもしれませんが。

また、テレビ番組の製作者側も、とても大変だったと思います。 それというのも、出産は例え予定日があっても、いつ何が起こるか分かりません。 トラブルだってあるし、陣痛や破水だっていつ起こるか分からない中、連絡があればすぐに駆け付けてカメラを回す。

妊娠中から取材を続けてきたスタッフの中には、赤ちゃんの誕生を父親のような気持ちで待ち遠しく、愛しく思う人もいるのではないでしょうか。
posted by ひろ at 16:20 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産時の痛みについて

出産に伴う痛み

昔から「鼻からスイカ」等と、出産の時の痛みの例えがあります。 また、出産時の痛みを男性が経験すると死んでしまうとも言います。 それは、元々、女性は出産に堪えれるように痛みに強く、男性は出産しない為にそこまで痛みに耐えれるようには出来てない為に言われていることです。

殆どの出産を経験した人は、「本当に痛かった」と言いつつ、出産が終われば痛みを忘れます。 これも女性の本能で、出産して赤ちゃんの顔を見たとたん痛みを忘れ、また出産したいと思うのです。 子孫繁栄の本能からですが、出産のあの感動をもう一度と思う人は少なくありません。

出産の時に、先生や助産婦さんに声を出さずに深呼吸してと言われますが、声を出す事で無駄に息んでしまうと分かっていても、つい声を出してしまう痛みです。 小さい子供ではないので痛みには多少耐える事が出来ますが、思わず声が出るほどに出産の痛みは辛いものです。

陣痛の痛みは、お腹にくる人と腰にくる人がいます。

お腹の場合、陣痛の度にお腹が張る為にガチガチになるので、どのような態勢になっても辛く、お腹をさすりたくても痛みで手が動かせない人もいます。

腰の場合は、腰骨が折れそうな程の痛みですが、旦那さんや看護師さんに強めに擦ってもらう事で、楽になります。

陣痛の間、痛みに耐える為にベッドの柵等にしがみついて耐えていた人も少なくないと思います。 また、旦那さんの手を握って耐えていた人で、旦那さんの手に爪痕や指の跡がくっきり残ったという人もいます。

あの痛みに耐えて頑張れたんだからと、何でも頑張れると思う女性は少なくありません。 出産方法は、他にも帝王切開や無痛分娩等もありますが、どれも立派な出産です。 母になるという事は、精一杯頑張った証であり、勲章のような物かもしれません。


出産時の陣痛について

出産間近の妊婦さんが不安に思う事として、陣痛がどれほどの痛みを伴うのかというのが多いようです。 女性の場合、小さい頃に想像できない痛みと話題になったり、男性には耐えられない痛みと情報が入るだけに余計に不安になるようです。

出産間近の妊婦さんの中には、陣痛の痛みと思って病院に行ったところ、勘違いで帰された人も結構いらっしゃいます。

妊娠後期の妊婦さんの殆どが、お腹が張るだけでなく生理痛に似た痛みを頻繁に感じます。 この時期のこのような痛みは不規則におこります。 この痛みが規則的になって初めて、陣痛が始まるのです。

たいていの場合、おしるしという出血があった後に陣痛が始まるのです。

また、破水の後や、おしるしや破水が始まる前に陣痛が始まる事もあります。

不規則な痛みがだんだんと定期的になり、徐々に痛みが起こる時間が短くなってきます。

いつから陣痛が始まったかと病院で聞かれるので、記録を残しておきましょう。

初産の場合、痛みが10分間隔、遅くても1時間に6回以上になったら病院に連絡してください。 そうは分かっていても、初めての場合は不安と心配から、かなり早い段階で連絡をし、もう少し間隔が短くなったらと言われる人も多くいます。 また、陣痛かどうか判断できずに家でドキドキしてる人も多いのです。

陣痛から出産までの時間はどのくらいかかるのでしょうか。

初産の人の場合は約12〜15時間、経産の人の場合が約6〜8時間とされています。 ただし、これは人によって違うので、早い人で3時間、遅い人で3日以上かかる人もいます。 ですから時間に関しては、参考までに頭に入れておくと良いでしょう。
posted by ひろ at 16:16 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。