人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶

人工的に流産させる事を人工妊娠中絶と言います。 「母体保護法」という法律が日本にあり、中絶の条件が決められています。 母体に何かしらの理由がある・経済的に育てていけない・レイプや自分が望まない性行為で妊娠してしまった場合等。 妊娠22週になると、お腹の赤ちゃんは外で生きる力が付いてくるので、人工妊娠中絶をする事はできません。

最近は、自分だけの都合で何も計画せずに性行為をする人が増えてます。 避妊しない・誰とでもセックスをする・中学生の妊娠等、妊娠してから育てられないと言って簡単に中絶する事はよくありません。 お腹の中の新しい命を中絶によって断つという事は、人殺しと同じ事です。 妊娠して困るのであれば、男性にも協力してもらって、きちんと避妊して妊娠しないようにする事が肝心です。

人工妊娠中絶を行う統計として、10代が約4万件・20代が約14万件・30代が約11万件と出ています。 例え人工妊娠中絶を軽々しく行っても、中絶後の女性は必ず自己嫌悪や罪悪感に陥りやすくなります。 女性にとって中絶をするという事が、どれだけ身体的・精神的に辛い事なのかを男性も理解し、心のケアをしてあげる事が大切です。

人工妊娠中絶後、必ず水子供養をしてあげてください。 流産・死産・中絶等で産まれる事の出来なかった赤ちゃんの事を水子と言います。 水子供養をしているお寺で供養してあげたり、自宅に仏壇を作ってお菓子をお供えしてあげるのも良いでしょう。

色々な望まない妊娠の原因がありますが、相手ときちんと話し合い避妊を心掛けるようにしてください。


人工妊娠中絶の方法

一概に人工妊娠中絶と言っても、どのような方法で中絶を行うのか、どのようなリスクを生じるかを覚えていた方がいいでしょう。

最近は、薬を使って簡単に中絶できるようになりましたが、その中絶の薬を使う事によって、母体に後遺症が残る可能性もあるのです。 一般的に人工妊娠中絶にかかる費用は、10万円程になります。 「中絶する費用が無い・誰にも相談できない」等の理由で薬を使用する事は、自分の体に後遺症を残し、傷付けることになるので、中絶は必ず病院で行ってください。


妊娠初期と妊娠中期で中絶の方法が変わってきます。

《妊娠初期》
手術をしやすいように、子宮口を広げる為の器具を使用します。それによって痛みを伴う人もいます。 子宮口が開いたら、麻酔をして中絶手術を行いますが、麻酔が効いてる間は痛みを感じずに気付いたら終わっている事が大半です。 産院によっては麻酔をしない所もあります。

《妊娠中期》
赤ちゃんが大分成長しているので、陣痛を人工的に起こして出産という形で処理します。 産声をあげる赤ちゃんも中にはいますが、外で生き抜く力が無い為にすぐに死んでしまいます。

中絶後、生理のような出血が1週間程続き、生理痛のような痛みが出てきます。子宮が収縮する為の痛みで、この痛みがないと出血も止まりません。


妊娠初期の中絶は、手術した当日に帰宅出来ますが、妊娠中期の場合は2〜3日入院します。

人工妊娠中絶による後遺症と危険性があるのを知っておくべきです。 中絶をする事により、不妊症・次の妊娠での子宮外妊娠・流産等、これから先妊娠できない体になる可能性もある事を良く覚えておくべきです。 きちんと避妊をしてセックスをしてください。
posted by ひろ at 14:04 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像妊娠について

想像妊娠

女性が妊娠を強く望んだり、生理が遅れて深く不安になった時に、想像妊娠をする事があります。 不思議な事に想像妊娠すると、妊娠した時の症状が出てきます。

まず、生理が止まり、悪阻が始まり、お腹も大きくなってきます。 また、胎動を感じたり母乳が出る人もいます。 もちろん想像なので、お腹の中に赤ちゃんはいませんが、このように自分の思い込みにより妊娠の症状が出てくる事を「想像妊娠」と言います。

子宮の大きさは妊娠してない状態と変わらないので、妊娠検査薬を使用したり病院で検査をすれば、妊娠してない事がすぐに分かります。 妊娠していない事を自覚すれば、生理が始まり想像妊娠の症状も消えます。 妊娠に対して女性はとても敏感なので、このような症状が起こるのです。 いくら、外で出す・中出ししないとしても、妊娠する可能性があります。 今、妊娠しても困る・育てられないという思いがあるのなら、必ず避妊をしてください。

妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から検査可能なので、少しでも不安があれば使用し、たとえ反応が出なくても産婦人科で診察を受ければ、はっきりする事です。 想像妊娠であれば、妊娠してない事が分かれば生理も再開し、妊娠2〜3ヵ月から始まる悪阻も治まります。 妊娠の症状が出る前に、診察する事が一番大切です。

生理予定日から1週間過ぎて、すぐに悪阻が始まる事はないので、もし「妊娠したかも」と不安になってすぐに悪阻が始まった場合、それは「想像妊娠」の可能性が大きいです。
posted by ひろ at 13:50 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性感染症について

性感染症

妊娠している人が性感染症に感染している場合、赤ちゃんにも影響が出ることが殆どです。
そして、たとえ性感染症にかかっていなくても予防することが大切です。

最近、性感染症にかかる人が増えています。 妊娠している人が性感染症に感染している場合、お腹の赤ちゃんにも影響が出てしまうことが殆どです。 どこの産婦人科でも、妊婦検診の時に性感染症の検査を行い、もしその時に性感染症にかかっていれば、治療をするので問題ありません。 そして、性感染症にかかっていなくても、予防が大切です。妊娠中にセックスをするのであれば、コンドームを使用してかからないように心掛けましょう。

しかし、全ての性感染症が問題なわけではないので、性感染症にかかっているのであれば、治療に専念してください。

カンジダ膣炎
カンジダ膣炎は、女性の誰もが持っている菌で、体が弱っている時等に増殖しやすい為に、妊娠中にかかりやすい性感染症です。 お母さんに発症していると、お腹の赤ちゃんにも感染する為、もし出産までに治らなければ帝王切開での出産になる事が殆どです。

クラミジア感染症
今、最も多いとされる性感染症の1つで、自覚症状が殆ど無い為に、感染している事に多くの人が気付いていません。 放っておく事で、不妊・子宮外妊娠の原因にもなります。 妊娠中、クラミジアに感染している場合、出産の時に産道感染し、その結果、赤ちゃんが肺炎・結膜炎にかかってしまいます。

淋病
自覚症状としては、尿道付近や下腹部に痛みがあります。もし、感染しているのなら、完全に完治するまで、薬の投与が必要になります。 赤ちゃんに起こる影響は、結膜炎や失明の可能性が大いにあります。

梅毒
性器に固いしこりができ、全身に発疹が広がり、ほっておくと脳神経に障害をおこす怖い性感染症です。 お腹の赤ちゃんに胎盤を通して感染し、先天性異常・死産の原因になります。

HIV
お母さんが感染していると、かなり高い確率でお腹の赤ちゃんも感染します。 妊娠初期の内にHIV検査を妊婦検診で行うので、早期発見が可能です。
posted by ひろ at 13:45 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前置胎盤について

前置胎盤

前置胎盤とは受精卵が着床する時に子宮の下に着床して子宮口を塞いでしまう状態を言います。
秋篠宮紀子様のお腹に悠仁様がいらした際に話題になりましたので覚えている人もいるかと思います。


前置胎盤について

何らかの原因で、受精卵が着床する時、子宮の下に着床して子宮口を塞いでしまう状態を前置胎盤と言います。 有名な話では、秋篠宮紀子様のお腹に悠仁様がいた時、話題になったので、覚えている人もいるかと思います。

前置胎盤とは、どういうものか。

通常、妊娠した時の受精卵の着床の位置が、子宮の上側になります。 しかし、前置胎盤の場合、子宮の下側に着床する為に、妊娠の確率がとても低くなり、妊娠したとしてもお母さんとお腹の赤ちゃんに高いリスクがあります。


《前置胎盤の種類》

辺縁前置胎盤
内子宮口まで胎盤の端が達してしまっている状態です。

部分(一部)前置胎盤
胎盤が内子宮口の一部を塞いでしまっている状態です。

全前置胎盤
胎盤が子宮口の全てを塞いでしまっている状態です。


子宮口が開いて赤ちゃんが産まれてくるので、その子宮口を塞いでいると、普通分娩での出産ができません。 部分前置胎盤が一番多い症状で、全前置胎盤が一番少ない症状でしょう。

胎盤が子宮口にかかってなくても、5センチ未満だと低置(低位)胎盤と診断されますが、5センチ以上離れていれば問題ありません。 前置胎盤に比べ、低置胎盤は問題ありませんが、妊娠・出産の時の出血のリスクが高いのです。

帝王切開・人工妊娠中絶・その他の子宮の手術をした事が、原因の一つと考えられています。 前置胎盤にかかる人の多くが、初産の人より経産婦の人だとされています。 ただし、原因ははっきりしていないのが現状です。
posted by ひろ at 11:44 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮外妊娠について

子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、受精卵が通常の子宮内膜に着床以外の卵管・卵巣・腹膜に着床する事を言います。


子宮外妊娠について

通常、受精卵は子宮内膜に着床しますが、子宮外妊娠の場合は子宮以外の卵管・卵巣・腹膜に着床する事を言います。 卵管で着床するケースが殆どで、妊娠した人の0.6%〜0.7%の割合で起こると言われて、卵管妊娠と言います。 子宮外妊娠が起こる原因としていくつかありますが、はっきりとした原因は解明されていません。


子宮外妊娠が起こる原因

その原因としては、卵管が狭かったり閉じている場合・子宮内膜まで受精卵を届ける機能が弱まってたり等、あげられています。 初期の頃の通常妊娠と子宮外妊娠は症状が一緒で、妊娠検査薬でも陽性反応が出ます。 妊娠検査薬で陽性反応が出ていても、なかなか産婦人科で診察を受けなかった場合、命に危険性があります。

診察を受けないでいると、子宮外妊娠に気付かず、流産に繋がります。 子宮外妊娠は正常な妊娠ではありません。 卵管が細い為に赤ちゃんが成長出来なくなり流産し、着床した部分が破裂してしまうケースが多いのです。


まずは妊娠検査薬で妊娠を確認

卵管が破裂しても膣からの出血がなく、出血した血が卵管内部に溜まる事で下腹部に激痛を起こし、血圧が低下する事でショック状態に陥ってしまうのです。 子宮外妊娠だった時の処置は、手術で着床した部分を取り除きます。 ですが、女性には卵管が二つある為に、一つを取り除いたとしても不妊症にはなりません。

妊娠検査薬で妊娠を確認した後、下腹部に痛みが無くても早めに産婦人科で診察を受け、自己判断で診察を受けないといった事はしないようにしてください。
posted by ひろ at 11:40 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠中毒症について

妊娠中毒症
妊娠中毒症は、妊娠後期の8ヶ月頃から症状が出てきます。 腎臓病・高血圧・糖尿病にかかった事がある人に症状が出やすいとされていますが、はっきりとした原因は未だ解明されていません。 妊娠中に起こり、出産を終えれば治るのが、妊娠中毒症の特徴です。 浮腫・尿たんぱく・高血圧が妊娠中毒症の主な症状になります。 体重増加・塩分の取りすぎも症状が現れる原因の一つです。 理想的な体重増加は、1週間に500グラム程度が良いでしょう。


浮腫
むくみがあり、ふくらはぎを指で押した跡が消えない・目蓋が腫れぼったい・靴が履きにくい等、このような症状が続くようなら注意が必要です。

尿たんぱく
尿に混じってたんぱくが排出されます。 このたんぱくは、通常、健康な状態であれば、尿に含まれることはありません。

高血圧
通常の妊娠中の血圧は、安静な状態で、最高血圧100〜130mmHg、最低血圧60〜80mmHgです。 もし最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上になった場合、高血圧と診断されます。


35歳以上の高齢出産・18歳以下の出産の方が、妊娠中毒症にかかりやすいとされています。 高齢の場合、糖尿病や高血圧になりやすい為に、一番妊娠中毒症になりやすいと言われています。

また以前妊娠した際に、妊娠中毒症にかかった場合も、妊娠中毒症にかかりやすくなります。

毎日の食生活を見直す事で、妊娠中毒症の予防になります。 栄養の偏った食事・インスタント・ジャンクフード等を避け、塩分や糖分の取りすぎに注意してください。 症状が重くなると、普通分娩ができなくなり、帝王切開での出産になります。
posted by ひろ at 11:38 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠中の飲酒について

妊娠中の飲酒
妊娠中にお酒を飲むと、血液中にアルコールが混ざりお腹の赤ちゃんが酔っ払った状態になる為、妊娠中の飲酒は決して良いものではありません。 お腹の赤ちゃんの内蔵はもちろん、肝臓も未熟でアルコールを代謝する事ができない為、お母さんよりも酔っ払った状態になります。 妊娠中にお酒を飲むと、「胎児アルコール症候群」にかかった赤ちゃんが産まれる危険性があります。


胎児アルコール症候群
発育不全・低体重児で産まれる事が多く、妊娠中の喫煙でも同じ事です。 アルコールやタバコで染まった子宮の中は、お腹の赤ちゃんには居心地悪く、血液と一緒にアルコールやニコチンが体内に入る事で、成長に支障がきたします。お母さんが煙草を吸って、煙が肺に入ったその瞬間、お腹の赤ちゃんは息をする事ができず、一瞬呼吸が止まるという説もあります。


その他
知的障害・学習障害・行動障害の可能性もあり、 特異的な顔つきの赤ちゃんや、小頭症の赤ちゃんが産まれる可能性も高いのです。


たとえ少量でも妊娠中に毎日お酒を飲んでいれば、大人が飲酒する分には、アルコールを代謝する力が備わっている為、問題ありませんが、代謝する力の無い赤ちゃんには、障害だけが残ってしまうのです。 お酒が大好きで止めるのが難しいという人でも、健康な赤ちゃんを産む為に、絶対に禁酒をお勧めします。 禁酒する期間は、妊娠中と母乳であれば授乳期だけです。でも赤ちゃんに障害があれば、一生続きます。それを考えれば、どちらが大変か、わかると思います。 もし、妊娠前に大量のお酒を飲んでいたとしても、この場合は問題ありませんが、妊娠の兆しが少しでもあれば、飲まない方が良いでしょう。

お腹の赤ちゃんに何かあってからでは遅いのだと自覚し、ご家族にも協力してもらって、妊娠中にお酒を飲まないように心掛けてください。
posted by ひろ at 11:34 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠中の喫煙による影響

妊娠中に喫煙すると血液中の酸素が不足して、赤ちゃんに酸素を送ることが出来なくなり、短い時間とはいえ赤ちゃんが酸欠状態になります。


妊娠中の喫煙

今の時代、女性が喫煙するのは珍しくありませんが、妊娠中は禁煙をお薦めします。

妊娠中、お母さんが食べたり飲んだりした物が赤ちゃんの栄養となっています。 血管を収縮させる作用がニコチンにあるので、お母さんが煙草を吸う事で血管を細くしてしまいます。 その為、血液中の酸素が不足し、赤ちゃんに酸素を送ることが出来なくなり、短い時間とはいえ赤ちゃんが酸欠状態になります。

妊娠中の喫煙での影響として、早産と流産が多く確認されています。 もちろん喫煙する妊婦さん全員というわけではありませんが、可能性的には高いです。 また、子宮内胎児発育遅延(IUGR)や低体重児が産まれる原因となります。

産婦人科の先生に喫煙に関して聞くと、「数本なら」「禁煙」と意見が分かれます。 禁煙する事でストレスが溜まりやすくなる為に、数本ならと了承するのです。 妊娠中は、ストレスを溜めてはいけないので、禁煙する事でストレスが溜まり、退治に影響を与えかねます。 ですが、実際は妊娠中に喫煙しても良い訳ではないのです。 1日に何本と本数を決め、徐々に本数を減らし禁煙できる事が理想です。

妊娠中に喫煙をする事で、赤ちゃんにとって危険が沢山ありますが、出産後も赤ちゃんにとって危険が待ち構えている事があまり知られていません。 出産までに赤ちゃんに異常が確認されなくても、出産後に乳幼児突然死症候群が起こる可能性があります。 妊娠中に喫煙する事で乳幼児突然死症候群の発生リスクが非常に高くなります。 また、小学校に行く頃に、学力の低下や身長が低いという例もあるのです。

このようになってからは遅いので、妊娠中の喫煙を控えるべきです。 お母さん自身だけではなく、子供の健康と将来を考え、禁煙をお薦めします。
posted by ひろ at 11:16 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠中のセックスの注意点

妊娠中にセックスをする事で、お腹の赤ちゃんとお母さん自身に負担がかかることがあります。 妊娠初期と週数24〜27週は、できれば避けた方が良いでしょう。 この時期はお腹が圧迫しやすいので、旦那さんに理解してもらってお母さんの体をいたわる事を第一に考えてください。

中には「妊娠中はコンドームつけなくても大丈夫」と考える人がいますが、それは間違った判断です。 確かに中出ししても、これ以上妊娠はしませんが、お腹には赤ちゃんがいる事を忘れてはいけません。 コンドームを使用しない事で、膣内に細菌が入ったり、子宮を収縮させるホルモンが精子に入っています。 それらはお腹の赤ちゃんに多大な影響を及ぼしかねないので、必ずコンドームを着用するようにしましょう。

妊娠すると女性の多くは、セックスへの性的要求が減少します。

妊娠初期頃は、悪阻・全身の倦怠感・乳房の痛み等で、その気になれない要素が沢山ある為に、性的関心が減退します。 妊娠中期頃は、悪阻が落ち着いてきて気持ちに余裕ができる為に、性的関心が出てくるのか、高揚する人が多いようです。 妊娠後期頃は、お腹も大きくなり、出産への緊張・痛み・不安感・不快感等、初期の身体的とは異なり、主に精神的に性的関心が減退する傾向があるようです。 妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんは中期より大分下がってくるので、セックスは控えた方が良いでしょう。

お腹の大きい状態でセックスをする事で、お腹の張りをひどくし、破水や早産の危険も出てきます。 もし、妊娠中のセックスで破水や出血する事があれば、すぐに産婦人科で診察してもらってください。 また、前置胎盤・早産の危険性・多児妊娠など、妊娠中のセックスを制限される事があります。 旦那さんに妊娠中のセックスによって、どれだけのリスクが生じるかを話し、理解してもらう事が大切です。
posted by ひろ at 11:13 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠中のダイエットについて

妊娠中は、お母さんだけでなくお腹の赤ちゃんにも栄養が必要なので、しっかり栄養を取る必要があり、体重を減らすようなダイエットをするのはよくありません。 もし妊娠前にファーストフードやインスタントばかりで、栄養の偏った食生活をしていても、妊娠を機に食生活を見直し、バランスの良い食生活をすれば問題ありません。

しかし、妊娠中に体重を減らすようなダイエットは、お腹の赤ちゃんに十分な栄養が届かず、発達の遅れ・低体重児の出産の可能性があるので、お勧めする事ができません。 妊娠中はどうしても、体重が増えるものです。 しかしそれは、妊娠による血液の増加・胎盤・羊水・子供の体重の為であり、 体重が増えるからといってダイエットするのではなく、カロリーの取りすぎ等に気を付けて体重が増えすぎないようにしましょう。

間食・夜食等は控え、穀物を取りすぎず、野菜を多く取るようにすれば、それほど増加せずに済むでしょう。

妊娠中の摂取カロリーは、1日2500キロカロリーですが、運動のできない人・新陳代謝の良くない人は、2200キロカロリーに抑えます。 摂取したカロリーの内、300キロカロリーがお腹の赤ちゃんに吸収されるので、「二人分食べなきゃ」と食べすぎないようにし、運動するようにして、体重の増えすぎに注意しましょう。

今はマタニティーヨガや水泳など、受け付けをしている産院が多く、利用するのも良いでしょう。 また、毎日1時間程、散歩するのもストレス解消になり、安産にも繋がるのでお勧めしますが、体調とよく相談するようにしてください。

お腹の赤ちゃんは、お母さんの食べた物を栄養として吸収するので、バランスの良い食生活を心掛け、無理しないように運動をして、食事制限するようなダイエットはしないようにしましょう。
posted by ひろ at 11:10 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。