出産後の後陣痛について

後陣痛は、出産後に子宮が元の大きさに戻ろうとし、痛みを感じる事を言います。
痛みに関しては、個人差があり全ての人が痛みを伴うというわけではありません。


出産後の後陣痛

後陣痛と言えば、陣痛と付くくらいなので相当な痛みを伴うと想像がつくかと思いますが、出産後に起こります。

後陣痛とは、出産が終わって子宮の中に赤ちゃんがいなくなると、大きくなった子宮が元の大きさに戻ろうと収縮を規則的に繰り返し、痛みを感じる事を言います。痛みに関しては、全ての人が必ずしも痛みを伴うわけではありません。 痛みを感じる場所は、陣痛と同じく下腹部です。

子宮の回復を促す為に後陣痛は大切な働きを持っています。 痛みがある人の場合、分娩当日と翌日が、特に痛みが強いでしょう。 痛みは徐々に治まってきますが、人によっては出産後4日過ぎても痛みが続く人がいます。

痛みの度合いとして、眠れない程の痛みを伴う人がいる反面、全く痛みを伴わない人もいます。 どのような人が後陣痛の痛みを強く感じるのか。 一般的には経産婦の人に痛みが強いとされています。

また、産後の授乳中に痛みを伴う場合があります。 妊娠中におっぱいマッサージ等をして、お腹が張った経験があるかとおもいます。おっぱいマッサージ等をすると、子宮の収縮を促す効果があり、その為にマッサージや授乳中に痛みを伴うのです。 逆に言えば、赤ちゃんがおっぱいを吸えば吸う程、子宮収縮が活発になる事で、さらに子宮が元の大きさに戻るのが早くなります。

子宮が完全に元の大きさに戻るのも個人差がありますが、1ヵ月検診の際にまだ完全に戻っていない・悪露が終わっていない場合があります。 また、後陣痛が起こる事で悪露の量も増え、ナプキン等をこまめに変える必要があります。

後陣痛の辛さは、本当に個人差があります。 もし後陣痛が相当辛いのであれば、産後のお見舞い等を遠慮する等、無理をしないようにしましょう。
posted by ひろ at 17:01 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。