出産時の呼吸法について

出産時の呼吸法

よくドラマ等の出産シーンで見かけるのが、夫婦や助産師さん達皆で「ヒッヒッフー」とやっている場面です。 一般的に出産時の呼吸法というと、こちらを想像するかと思います。

そもそも、この呼吸法とは何の為にやっている事なのでしょう。

1番大切な理由として、お腹の赤ちゃんに絶えず、沢山の酸素を送る為に行っているのです。 陣痛で苦しくなると、あまりの痛さに叫んだりしてしまいます。 そして、その時に、痛みを耐える為に体をこわらばせてしまいます。

陣痛は長い時間続くので、お母さんが痛くて叫んでいると体力を消耗してしまいます。 また、体をこわらばせる事で、その瞬間息を止めてしまい息んでしまうと、赤ちゃんに酸素が届きません。 赤ちゃんに酸素が届かないと、赤ちゃんの体力も消耗してしまい、出てくるだけの体力が無くなってしまいます。

その他にも呼吸法には、リラックス効果も期待できます。 出産用の深呼吸と考えても良いかもしれません。

いくら自分で本で調べたり友人に聞いたり、母親学級で説明されても、いざその時に出来るのかといえば心配になるかと思います。

呼吸法を覚えたり、陣痛が何分おきにはどのような呼吸法か等一生懸命覚えている、勉強熱心な妊婦さんが沢山います。 しかし、呼吸法がうまく出来ないからといって、出産が出来ないという訳ではないので安心してください。

そして、いざその時になると、頭の中が真っ白になってしまう人も結構います。 ですが、出産の時には看護師さんや助産師さんが傍に居てくれるので、一緒に呼吸法をしてくれます。 ついてくれているスタッフの方達は、出産に何度も立ち合っている方達なので、安心して身を任せて大丈夫です。

医学的に基づいている呼吸法等もありますが、何よりも自分が楽だと思う呼吸法が1番でしょう。


出産に関するテレビ番組について

毎年どこかの局で、妊娠から出産まで、もしくはその後迄のドキュメンタリー番組を放送しています。 芸能人の出産や、大家族の出産、ドキュメンタリー以外でも色々な出産に関する放送があります。 どの番組でも、出産シーンはどれも感動的ですが、出産前の妊婦さんが観ると、あまりに辛そうで痛そうなので、出産が怖くなってしまう場合があるようです。 数ヵ月後には同じように、自分も赤ちゃんを産むんだと実感して、ママになるんだとさらに実感して感慨に耽ることでしょう。 また、出産したお母さんが見れば、私もこうやって産んだんだよなぁと、さらに感動するかと思います。

妊娠中や出産シーンをビデオに撮って貰えるのは、テレビ番組で放送されるにしても、恥ずかしい反面、嬉しい事だと思います。 子供を産む瞬間というのは、子供一人につき一生に一度の事なので、そんな感動の瞬間をカメラにおさえてもらえるのは、本当に羨ましい限りです。 撮影可能なら、自宅用にお父さんにビデオ撮ってもらっても良いかもしれませんね。

視聴者側からすれば、妊娠から出産まで全てを見る事が出来て、生命の誕生を目の当たりにする事で、生命の尊さを再認識する事でしょう。 でも実際は、取材をお願いされて少し恥ずかしいと思ったりするかもしれませんが。

また、テレビ番組の製作者側も、とても大変だったと思います。 それというのも、出産は例え予定日があっても、いつ何が起こるか分かりません。 トラブルだってあるし、陣痛や破水だっていつ起こるか分からない中、連絡があればすぐに駆け付けてカメラを回す。

妊娠中から取材を続けてきたスタッフの中には、赤ちゃんの誕生を父親のような気持ちで待ち遠しく、愛しく思う人もいるのではないでしょうか。
posted by ひろ at 16:20 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。