出産時の痛みについて

出産に伴う痛み

昔から「鼻からスイカ」等と、出産の時の痛みの例えがあります。 また、出産時の痛みを男性が経験すると死んでしまうとも言います。 それは、元々、女性は出産に堪えれるように痛みに強く、男性は出産しない為にそこまで痛みに耐えれるようには出来てない為に言われていることです。

殆どの出産を経験した人は、「本当に痛かった」と言いつつ、出産が終われば痛みを忘れます。 これも女性の本能で、出産して赤ちゃんの顔を見たとたん痛みを忘れ、また出産したいと思うのです。 子孫繁栄の本能からですが、出産のあの感動をもう一度と思う人は少なくありません。

出産の時に、先生や助産婦さんに声を出さずに深呼吸してと言われますが、声を出す事で無駄に息んでしまうと分かっていても、つい声を出してしまう痛みです。 小さい子供ではないので痛みには多少耐える事が出来ますが、思わず声が出るほどに出産の痛みは辛いものです。

陣痛の痛みは、お腹にくる人と腰にくる人がいます。

お腹の場合、陣痛の度にお腹が張る為にガチガチになるので、どのような態勢になっても辛く、お腹をさすりたくても痛みで手が動かせない人もいます。

腰の場合は、腰骨が折れそうな程の痛みですが、旦那さんや看護師さんに強めに擦ってもらう事で、楽になります。

陣痛の間、痛みに耐える為にベッドの柵等にしがみついて耐えていた人も少なくないと思います。 また、旦那さんの手を握って耐えていた人で、旦那さんの手に爪痕や指の跡がくっきり残ったという人もいます。

あの痛みに耐えて頑張れたんだからと、何でも頑張れると思う女性は少なくありません。 出産方法は、他にも帝王切開や無痛分娩等もありますが、どれも立派な出産です。 母になるという事は、精一杯頑張った証であり、勲章のような物かもしれません。


出産時の陣痛について

出産間近の妊婦さんが不安に思う事として、陣痛がどれほどの痛みを伴うのかというのが多いようです。 女性の場合、小さい頃に想像できない痛みと話題になったり、男性には耐えられない痛みと情報が入るだけに余計に不安になるようです。

出産間近の妊婦さんの中には、陣痛の痛みと思って病院に行ったところ、勘違いで帰された人も結構いらっしゃいます。

妊娠後期の妊婦さんの殆どが、お腹が張るだけでなく生理痛に似た痛みを頻繁に感じます。 この時期のこのような痛みは不規則におこります。 この痛みが規則的になって初めて、陣痛が始まるのです。

たいていの場合、おしるしという出血があった後に陣痛が始まるのです。

また、破水の後や、おしるしや破水が始まる前に陣痛が始まる事もあります。

不規則な痛みがだんだんと定期的になり、徐々に痛みが起こる時間が短くなってきます。

いつから陣痛が始まったかと病院で聞かれるので、記録を残しておきましょう。

初産の場合、痛みが10分間隔、遅くても1時間に6回以上になったら病院に連絡してください。 そうは分かっていても、初めての場合は不安と心配から、かなり早い段階で連絡をし、もう少し間隔が短くなったらと言われる人も多くいます。 また、陣痛かどうか判断できずに家でドキドキしてる人も多いのです。

陣痛から出産までの時間はどのくらいかかるのでしょうか。

初産の人の場合は約12〜15時間、経産の人の場合が約6〜8時間とされています。 ただし、これは人によって違うので、早い人で3時間、遅い人で3日以上かかる人もいます。 ですから時間に関しては、参考までに頭に入れておくと良いでしょう。
posted by ひろ at 16:16 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。