難産にならない為に

出産時、難産にならない為に出来る事

太りすぎない事が、一番難産にならない為に必要な事です。 妊娠すると今まで通りに体が動かせなくなるだけではなく、体が栄養をためやすくなる為に、多少太ります。

胎盤・羊水・血液の増加・赤ちゃんの体重を考えると、大体7キロ程になるので、妊娠前の体重から10キロ以上増しは太りすぎといえます。 しかし、例え太ったとしても、妊娠36週前にダイエットしてはいけません。

ダイエットと称して体を動かす事で、お腹が張ったり早産の原因となります。 勿論、食事制限のダイエットは、お母さんだけでなく赤ちゃんに栄養が届き辛くなる為にお薦めしませんが、バランスの良い食事を心掛け、炭水化物・油・塩分の取りすぎに注意し、野菜中心の食事で体重管理をしてください。

出来るだけ長くお腹の中で育てたいですが、妊娠37週を過ぎれば、いつ産まれてもおかしくありません。 出産に備えて、毎日1時間ほど散歩をしたり、マタニティービクス等、お腹の張りに気を付けながらやってみるのも良いでしょう。

また、医師から難産になる可能性があると告げられる事があります。 この場合、出産予定日前に陣痛を誘発する薬を使い、早めの出産を薦める場合があります。

どのような事で難産になる可能性があるのか。 第一に、赤ちゃんがお腹の中で大きく育ちすぎ、お母さんの骨盤に頭が通らなくなる事です。 背が低い・体が細いお母さんの場合、元々骨盤が狭いために起こりやすくなります。 もし、このような事になった場合、母子共に問題が無ければ37週を待って帝王切開での出産となります。

また、赤ちゃんにへその緒が巻き付いてしまった場合、そのままにしておくと、赤ちゃんが窒息してしまう可能性があり、出産時に余計に首などを締め付ける可能性がある為に、帝王切開での出産となります。
posted by ひろ at 15:59 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。