立会い出産のメリットとデメリット

病院側から出産時に立会い出産を希望するか聞いてくれるところがあります。
立会い出産する場合のメリットとデメリットとはどのようなものでしょう。


妊婦検診等で病院に行っていると、時機を見て病院側から出産時に立会い出産を希望するか聞いてくれる場合があります。 もし、その場で答えを出す事が出来なくても、妊娠後期に入る頃までには答えを出しておいてください。

もし早産などで急に産気づいた時、病院側としてはどう対応すべきかわかりません。 立会い出産するつもりでいたのに、伝えていなかった為に立会い出産できず、夫は廊下でずっと待っていたという人も少なくありません。 そんな事にならないように、旦那さんとよく話し合い立会い出産するかどうかを決めておいてください。

ただし、病院の方針により、立会い出産が出来ない所や、立会い出産を希望する場合、出産に立ち会う予定の人も必ず、母親学級に参加して予備知識を学ばないと出産に立ち会えないと決めている所もあるので、確認してみてください。

メリットとデメリットが立会い出産にもありますが、一体どのようなものでしょう。

1番のメリットと言えば、夫にそばにいてもらえるという事で、これから出産するママの不安が和らぎ、勇気付けられる事でしょう。 そして、夫婦一緒に出産の感動を味わえる事で、夫婦の絆も強まり、ますます子供に対しての愛情が増す事だと思います。

出産という大仕事を遣り遂げたママを自分の目で見届けた事で、出産がどれだけ大変な事かを理解し、今後の育児に積極的になったという意見もあります。

それでは、立会い出産に関するデメリットとは何でしょうか。

出産の時の痛みや苦しみに堪えている時の表情や声・姿が普段の妻とは全然違う為に、恐怖感を感じてしまうことがあるそうです。

また、出産して母親になる姿を目の当たりにする事で、今迄妻・女として見ていたのが、母親として見てしまうようになり、産後の夫婦関係があまり良いものに感じなくなってしまう事もあるそうです。
posted by ひろ at 15:55 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。