双子の出産について

双子(多児)の出産について

双子(多児)の出産は、単児の場合とは大分違ってきます。

まず出産にあたって、経膣分娩が出来る状態であるかを判断してもらう必要があります。 経膣分娩が出来ない場合として、理由としては色々な事が考えられますが、もし経膣分娩が出来ない場合は帝王切開での出産となります。

特に初産で多児妊娠の場合、医師等から色々なリスクを聞き、不安になりやすくなりますが、分娩方法に対しての意見などを取り入れてくれる病院もあります。 大事な出産なので、医師等とよく話し合い、納得しての出産をしてください。

また、多児妊娠の場合、母体や赤ちゃん達の容体が順調でも、病院の方針で、経膣分娩ではなく全て帝王切開で出産する病院も少なくありません。

なぜ、そのような方針を決めている病院があるのでしょうか。

単児の出産に比べ、多児の出産の場合は危険を伴う可能性が大きい為とされています。

必ずしも病院側の勝手な理由等ではなく、赤ちゃんやお母さんの安全を考えての方針なのです。

たとえ多児出産が危険と考えられていても、単児出産と変わらず、無事に経膣分娩で1人づつ順番に出産を果たしたケースも沢山報告されているのです。

そして帝王切開での出産方法は、単児出産の場合と何ら変わりがありません。 むしろ単児よりも多児の方が子宮が大きくなっている分、メスで少し切り込みを入れるだけで裂けるように開くので、時間的に単児よりも早く終わる事があるようです。

双子(多児)の妊娠を知った多くの両親が気になった事といえば、多児でもきちんと、お兄ちゃん・お姉ちゃんが決められますが、これはどのように決められた事なのかという事です。

昔は心臓に近い方が兄・姉と言われて為に、経膣分娩で出産した場合、後から産まれた子が兄・姉とされていましたが、今は子宮口に近い方が兄・姉とされています。 ただし、帝王切開での出産の場合、状況によりどちらが先に産まれるか分かりません。 その為、先に産まれた子が兄・姉と決められたのです。
posted by ひろ at 15:47 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。