性感染症について

性感染症

妊娠している人が性感染症に感染している場合、赤ちゃんにも影響が出ることが殆どです。
そして、たとえ性感染症にかかっていなくても予防することが大切です。

最近、性感染症にかかる人が増えています。 妊娠している人が性感染症に感染している場合、お腹の赤ちゃんにも影響が出てしまうことが殆どです。 どこの産婦人科でも、妊婦検診の時に性感染症の検査を行い、もしその時に性感染症にかかっていれば、治療をするので問題ありません。 そして、性感染症にかかっていなくても、予防が大切です。妊娠中にセックスをするのであれば、コンドームを使用してかからないように心掛けましょう。

しかし、全ての性感染症が問題なわけではないので、性感染症にかかっているのであれば、治療に専念してください。

カンジダ膣炎
カンジダ膣炎は、女性の誰もが持っている菌で、体が弱っている時等に増殖しやすい為に、妊娠中にかかりやすい性感染症です。 お母さんに発症していると、お腹の赤ちゃんにも感染する為、もし出産までに治らなければ帝王切開での出産になる事が殆どです。

クラミジア感染症
今、最も多いとされる性感染症の1つで、自覚症状が殆ど無い為に、感染している事に多くの人が気付いていません。 放っておく事で、不妊・子宮外妊娠の原因にもなります。 妊娠中、クラミジアに感染している場合、出産の時に産道感染し、その結果、赤ちゃんが肺炎・結膜炎にかかってしまいます。

淋病
自覚症状としては、尿道付近や下腹部に痛みがあります。もし、感染しているのなら、完全に完治するまで、薬の投与が必要になります。 赤ちゃんに起こる影響は、結膜炎や失明の可能性が大いにあります。

梅毒
性器に固いしこりができ、全身に発疹が広がり、ほっておくと脳神経に障害をおこす怖い性感染症です。 お腹の赤ちゃんに胎盤を通して感染し、先天性異常・死産の原因になります。

HIV
お母さんが感染していると、かなり高い確率でお腹の赤ちゃんも感染します。 妊娠初期の内にHIV検査を妊婦検診で行うので、早期発見が可能です。
posted by ひろ at 13:45 | 妊娠前から妊娠中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。