出産祝い・内祝いについて

出産を無事に終えると、親族や友人、会社の人などから出産祝いを戴く事が多いかと思います。
お祝いを戴いたら、そのお返しをするのが常識です。そのお祝い返しを「内祝い」と言います。


出産祝いについて

お友達や親戚等、出産された人にお祝いとしてプレゼントする際に、何をあげたら良いか悩みますが、気持ちがこもっているのが第一なので、金額や量の問題ではありません。

出産を終えたお母さんにとって、我が子に会いに来てくれる事が何より嬉しく幸せな事なのです。 頑張って産んだ我が子が沢山の人に愛してもらって、嬉しくない親はいないでしょう。

出産祝いで多いプレゼントといえば、赤ちゃんグッズだと思います。 洋服ならデザインが同じにはなりずらいですが、おもちゃ等の場合、沢山あるお祝いの中で同じ物だったりするので、周りの人と何を買うのか話してみるのも良いかもしれません。 何人かいるのであれば、ちょっと豪華な物をお金を出しあって買っても喜ばれるかもしれません。

実際にプレゼントを貰ったお母さんは、どんなプレゼントを貰って嬉しかったのでしょうか。

やっぱり、すぐに使えるおもちゃや洋服等の場合、贈られたその場で見せてあげる事が出来るので、贈った側も皆で楽しむ事ができます。

少し大きめの服等は今後が楽しみになり、女の子の場合だと早いうちからスカートをはかせたいと思うお母さんも多いので、スカートを1着プレゼントするのも良いかもしれません。

また、手渡しでなく郵送であれば、必要な家具やグッズを選べるカタログも喜ばれます。

そして、あんまり無いプレゼントで喜ばれるのが、お母さんへのプレゼントです。 出産祝いと言えば、赤ちゃん関係の物に集中しますが、そんな中、お母さんへのプレゼントは本当に嬉しいものです。

そんなに高い物でなくて良いので、赤ちゃんを産んだお母さんに頑張ったご褒美として、プレゼントするのも良いかもしれませんね。


出産の内祝いについて

出産を無事に終えると、親族や友人、会社の人やご近所さん等から出産祝いを戴く事が多いかと思います。

お祝いを戴いたら、そのお返しをするのが常識です。 この場合のお祝い返しの事を「内祝い」と言います。

内祝いの意味として、お返しをするという意味が大前提ですが、何よりも「無事に出産を終える事が出来ました。ありがとうございました。」という感謝の気持ちを込めて贈るという意味があります。 そして、可愛くて大事な我が子を皆さんに紹介する為でもあるのです。

内祝いの品物を、戴いた物や金額によって決める人が殆どかと思います。 ですが、最近は、同じ物を皆さんに贈るという人も多くなってきています。 よく雑誌等で紹介されている赤ちゃんをメインにした商品を、内祝いに贈る人も増えてきているのです。

確かに、ただ雑貨類を贈るよりも、主役である赤ちゃんの写真や名前の入っている品物を贈った方が、可愛くて名前も覚えやすいかもしれません。 定番とされているのが、角砂糖やカステラ等のお菓子に名前が入っている物でしょうか。

最近は、赤ちゃんの写真や出産時の体重などを記載した、可愛い絵本を作ったりすることも出来ます。 これだと邪魔にならないので、本棚に入れておいてもらえますね。

今では殆どの物に名前を入れられるようになりました。 クッキーなどのお菓子や、紅茶の缶にも名前と出産日を入れられますし、また、カステラで有名な文明堂でも、カステラに名前を入れるサービスを行ってます。

ガラスの写真建てに名前・生年月日・出生時の体重を彫ってもらい、写真を入れてご両親への内祝いに贈ったら喜ばれるのではないでしょうか。

赤ちゃんの名前を入れない品を贈る場合、写真付きのメッセージカードに一言添えて贈っても良いでしょう。

一番大切なのが、ありがとうの気持ちです。 大切に贈ってくださいね。
posted by ひろ at 17:20 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命名について

妊娠してるのを知ってから、赤ちゃんの物を買うのも楽しいですが、名前を考えるのも楽しいですよね。

旦那さんや家族の方と、本やネットで調べながら、女の子だったらこの名前、男の子だったらこの名前と、あーでもないこーでもないと考えるのが楽しみの一つかと思います。

昔は、女の子の名前の末尾には「〇〇子」男の子の名前の末尾には「〇〇男」と付いてる名前が多かったのですが、最近は、だいぶ少なくなり、逆に難しい漢字や当て字で、読むのが難しい名前が増えてきました。

たしかに格好い名前ですが、幼稚園や学校の先生が間違えないように覚えるのが大変なようです。

命名の方法として、この漢字を入れたいとそれに合わせて決めたり、この名前が良いと読み方を先に決めてから漢字を決める事があるようです。

使いたい漢字を決めてから名前を考える場合、その字を使った名前を調べてみると良いかも知れません。漢字にはそれぞれ意味があるので、漢字の組み合わせで色々な意味が産まれます。

名前のよみ方が決まっている場合、漢字の意味も考えながら名前を決めるのが良いでしょう。確かに複雑な漢字など格好いですが、名字とのバランスを考えるのも大切です。

出産してから名前を考えても良いですが、産後14日以内に名前を決めて出生届けを出さないといけないので、気を付けてください。

産まれるまで性別を聞かない為・我が子の顔を見て名前を決めたいからと、産まれるまで名前を決めない人も結構います。

14日で名前を決めるのは、難しかったり大変だったりしますが、どんな名前でも、その子にとっては両親からの初めての一生のプレゼントです。

こんな子に育ってほしい等、願いを込める事が大切なので、よく考えて納得の良く名前を付けてあげてください。
posted by ひろ at 17:16 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産後の母乳育児について

お婆ちゃん世代の人にミルクで育てていると言うと、怪訝な顔をされる事もあるかと思います。
確かに母乳育児の方がミルクと比べて、赤ちゃんだけでなくお母さんにも良い方法と言えます。


出産後の母乳育児

今の子育てにも色々あり、母乳のみ・ミルクのみ・母乳とミルクの混合とあります。

お婆さん世代の人にミルクのみで育てていると言うと、「母乳の方が…」と怪訝な顔をされた事がある人もいるかと思いますが、確かに母乳育児の方が赤ちゃんだけでなくお母さんにも一番良い方法と言えます。

しかし、お母さんの体調や年齢の問題等、様々な理由で母乳育児が出来ない人もいます。

赤ちゃんに母乳を飲ませてあげる事は、赤ちゃんだけでなくお母さんの体の回復を早める効果があります。 赤ちゃんが母乳を飲んでいる時、お母さんの体温や心拍を感じる事で心を落ち着かせる事が出来ます。 そして、母乳をあげている時のお母さんも、赤ちゃんの体温を感じ、心が安らかになるだけでなく、愛しさも沢山感じる事でしょう。

初めから母乳が沢山出る人もいますが、少ししか出ない人でも頻繁に何回も吸わせていれば、自然に母乳の量が増えてきます。

生後2週間迄は、赤ちゃんが泣くたびに母乳を与えてもかまいません。 赤ちゃんは、泣いたりおしっこをしたり、沢山眠って寝汗をかいたりして、すぐにお腹が空きます。 生後数か月たっても、1〜2時間おきに母乳をあげる事は、決して悪い事ではありません。

また、母乳が出なくなったお母さんの殆どが、母乳をあげて2時間未満に赤ちゃんがお腹が空いて泣く等、母乳が足りないと判断してミルクを飲ませています。 確かに、量だけではなく、栄養面でも心配する事がありますが、極端に体重が減ったり、全然体重が増えない等していなければ問題ありません。

母乳をあげる回数を減らす事で、だんだん分泌されにくくなり、挙げ句に母乳が出なくなります。 しかし、頻繁に泣かれるとお母さんも疲れ、ミルクをあげる人も沢山います。

一概にミルクが悪い訳ではありません。 母乳はストレスからも出なくなるので、自分にあった良い方法を選んで、楽しい育児をしてください。
posted by ひろ at 17:04 | 出産について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。